HOME >健康経営優良法人認定-SDGs

健康経営優良法人認定

「健康経営優良法人2022」に認定されました

健康経営優良法人とは

健康経営優良法人とは、優良な健康経営に取り組む企業を「見える化」し「社員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組みする企業」として顕彰する経済産業省が推進する認定制度です。
健康を社員個人の問題とせずに、雇用する社員に対する企業の責任として捉えることで戦略的に経営課題として取り組む姿勢が評価されます。
ただ、どのような取り組みがこの健康経営を意味するのか、各企業によって戸惑いがあります。
健康経営優良法人認定は、こういった背景があり、経済産業省主導で認定企画として誕生しました。
私たちはこの健康経営を実施している会社ということを認定いただいております。

当社は持続可能な開発目標(SDGs)に貢献いたします

社内の健康目標を定め、健康作りを促進するための「健康宣言」を行いました。
全国健康保険協会と連携を図りながら従業員が健康で元気に仕事に取り組めるように健康経営を宣言し、活気溢れる企業づくりを目指します。併せて持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する事を宣言致します。

すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。
働きがいも経済成長も
すべての人のための持続的、包括的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

2015年9月の国連サミットで採択された国際目標です。
17のゴール・169のターゲットを定め、地球上の誰一人として取り残さない持続可能な世界を2016年から2030年までに実現するための国際的な取り組みです。 弊社もこれに賛同し業務基盤として今後も運営して参ります。
詳しくはこちら(経産省SDGページ)をどうぞ。

このページの先頭へ